藤田菜七子騎手大奮闘!女性騎手の活躍に期待がかかります!

こんにちは!競馬をこよなく愛し、週末の競馬の開催日が待ち遠しくてたまらないナオです!今回は騎手の方に注目してお話をさせていただきたいと思います♪その中でも藤田菜七子騎手始め、女性騎手について色々とご紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

藤田菜七子騎手プロフィール

1997年8月9日生まれの21歳、2016年3月に騎手免許取得後デビュー。JRA(日本中央競馬会)では、16年ぶり史上7人目の女性騎手として活躍してます。

今年3年目ではありますが、通算47勝(12月15日現在)をあげており、JRAの女性騎手の最多勝利数を更新し続けています。

現在、JRAではただ一人の女性騎手で、特に注目されている藤田菜七子騎手。ホリプロとマネジメント契約をしており、毎年カレンダーも発売していますよ♪

女性騎手はJRAだけじゃない!

地方競馬にも、女性騎手が活躍しています!(2018年12月18日現在)

竹ケ原茉耶(ばんえい)

木之前葵(名古屋)

宮下瞳(名古屋)

別府真衣(高知)

岩永千明(佐賀)

5人の女性騎手が地方競馬で頑張っています♪

その中でも名古屋の宮下瞳騎手は、日本における女性騎手で、755勝もしている最多勝記録保持者です。(2018年12月18日現在)しかも、ママさん騎手として有名です!

2011年に妊娠の理由で引退し、引退後は専業主婦で二人の男の子のお母さんとして生活していました。しかし、2016年8月に、現役騎手として名古屋競馬で復帰しました。

復帰のきっかけは、息子さんの「ママが馬に乗っている姿が見たい」と言われたことだそうです。

今後の女性騎手の展望は?

現在、競馬学校の36期生として入学している、古川奈穂さん。

前出の藤田菜七子騎手が活躍しているのを見て、女性でも頑張れば騎手になれるんだと思い、すでに通っていた高校を中退し、一念発起して騎手学校を受験しました。応募人数130人から8人という、とても狭き門をくぐり抜け合格しました。

2020年に、JRA史上8人目の女性騎手誕生を目指し、日々、頑張っています。

東京オリンピックが開催される年でもあり、今から注目度満点ですね♪

女性騎手まとめ

今回は、女性騎手についてご紹介させていただきましたが、もちろん男性騎手には、皆さんご存知の天才、武豊騎手・海外からJRAの通年免許を取得した、C・ルメール騎手・Mデムーロ騎手や地方にはレジェンドと呼ばれている的場文男騎手と有名な騎手がたくさんいます。また他の記事でご紹介していきたいと思います♪

本当に競馬は楽しいですよ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする